メガネ選びは使用する用途別で選ぶのが正解!

メガネは度数を使い分けるべき

メガネは1本しか所有していないという人も多いかもしれません。しかし目の負担を軽減しようと思ったら、メガネは度数の異なる複数のメガネを用途に合わせて使い分けるべきです。例えば車の運転をする時には、遠方までよく見える度数のメガネをかける必要があります。ですが、仕事中にパソコンを長時間し続ける時には、手元しか見ないので近距離用の度数のメガネをかけるべきです。

また車の運転をする時のメガネは、室外でかける事になるためUVカットの効果があるレンズを選びましょう。仕事をする時のパソコン用のメガネは、ブルーライトが目の負担になってしまうため、ブルーライトをカットする効果があるレンズを選ぶ事をお勧めします。

メガネのフレームを使い分けてオシャレを楽しむ

メガネは選ぶフレームによって、その人の顔の雰囲気を大きく変える事が出来ます。そのため仕事をする時は、カッチリしたフレームのメガネを選び、プライベートではもう少しカジュアルなデザインのメガネを選ぶと、オンとオフの切り替えがしやすくなりオシャレを楽しむ事が可能です。またスポーツをする時には、激しい運動をしてもメガネがズレたり、外れたりしないようにスポーツ用の軽くて顔にフィットするメガネを選ぶといいでしょう。

従来はメガネのレンズが高額で、メガネを1本作るのに10万円近い料金がかかったため、複数のメガネを用途に合わせて所有する事は経済的に難しかったかもしれません。しかし、最近ではメガネの価格競争が起こり1万円以下で購入出来るリーズナブルなメガネも増えてきています。そのため、メガネを使用用途に合わせて使い分ける事ができます。そうすることで、より目の負担を軽減し、メガネライフを豊かなモノにしていきましょう。

メガネは視力が落ちてから使うだけでなく、パソコンなどを長時間使うことで、紫外線による視力低下を予防するのにも使えます。