どうやってやるの?機械式時計の日々のメンテナンス

日々のメンテナンス方法

機械式時計は、メンテナンスの手間がかかりますが、長く使うことのできる時計です。しかし、長く使っていくためには日々のメンテナンスが重要となってきます。日々のメンテナンス方法として、一番最初にできることが定期的に動かしてあげるということです。毎日、または数日に一回は使っているという場合にはあまり気にしなくても良いのですが、使用頻度が少ない場合には意識して動かすことが重要となります。また、毎日決まった時間に巻き上げるのもお手入れの一つとなります。毎日同じ時間に巻き上げることで、誤差が広がる・止まってしまうということを防げます。綺麗に保つためには時計を外したら指紋を拭くようにすると、変色を少しは防げます。

重要なオーバーホール

時計の調子を整えておくためには毎日ゼンマイを巻くようにする、外観を保つためにはこまめに拭くなどすることで機械式時計は綺麗に保つことができますが、定期的にオーバーホールすることも重要です。オーバーホールとは、時計を分解して油を注したりパーツを交換したり、時計の中に入ったホコリを取り除くことを言います。日々のメンテナンスだけでは、できない部分をしっかりケアしてもらうことができます。定期的に手入れすることによって、時計は一生使い続けられるようになります。オーバーホールはメーカーだけではなく、時計修理ショップなどでも行なっています。メーカー以外では、安さだけでは選ばないようにして保障期間の長いお店選びをすることがオススメです。

ウブロは、1980年に設立された高級時計メーカーです。クラシックフュージョン、ビッグバンなど、人気の時計が数多く生産販売されています。