正規品と並行輸入品どっちがいいの?海外のブランド時計の買い方

海外のブランド時計には正規品と並行輸入品がある

時計に限らず、海外のブランド品を国内で購入するときに、正規品と並行輸入品という言葉を目にすることがあるのではないでしょうか。調べてみたら、正規品よりも並行輸入品のほうが安い!と思ったこともあるでしょう。いったいなぜ価格に差があるのか、正規品と並行輸入品の違いを説明します。

正規品とは、海外ブランド時計の日本法人や、契約を結んだ正規代理店が販売する品物です。正規品は輸入する際に「この時計は何円で販売すること」という契約が交わされています。並行輸入品は、ブランド会社と契約をしていない業者や個人が、外国で購入したものを輸入販売している品です。契約による販売価格の指定がないため、海外で安く購入した時計を、正規品よりも安い価格で売ることができるのです。

並行輸入品のメリット・デメリット

並行輸入品のメリットは安く購入できるという点です。また、日本では販売されていない珍しい時計を入手できる可能性もあります。デメリットは、メーカーが行っている時計の修理やアフターケアが受けられないという点です。ブランド時計には、いつどこで誰が購入したかという証明書がついてくることがあります。それがないとメーカー保証が受けられず、並行輸入品には保証書がないか、あっても購入者の名前が違うので使えないというわけなのです。また、ブランド時計の知識がない業者が偽物をつかまされて、それをそのまま販売している可能性もゼロではありません。

正規品を買うことは信頼を買うこと

逆に、正規品は価格こそ高いですが、メーカー保証も付いてきますし、偽物を買ってしまうことは絶対にありません。安心してブランド時計を買いたいのなら、正規品を買うのがいいでしょう。

オメガはレーシングウォッチやスピードウォッチなど多彩なタイムピースをリリースしています。特に有名な偉業は、人類初の月面着陸のときに、宇宙飛行士が身に着けていたことでしょう。